株主・投資家の皆様へ

個人投資家の皆様へ

全国保証を知っていただくために 業績について

業績予想値を上回り、過去最高の利益を達成しました。

2018年3月期は、住宅ローン金利低下により高まっていた借換需要に落ち着きがみられたなか、未提携金融機関との新規契約締結や既存提携金融機関との取引深耕に努めた結果、保証債務残高が堅調に推移し、営業収益は前期比10.3%増加の39,599百万円となりました。
一方、営業費用は、雇用環境など外部環境の改善が続いたことなどで、代位弁済は引き続き低位に推移しましたが、保証債務残高の増加に伴い債務保証損失引当金繰入額が増加したことを主な要因として、前期比8.2%増加の8,419百万円となりました。
以上の結果、営業利益は31,179百万円(前期比10.8%増)、経常利益は31,974百万円(前期比10.3%増)、当期純利益は22,052百万円(前期比12.9%増)となりました。

営業収益(単位:百万円)39,599百万円 10.3%増 (前期比)営業利益(単位:百万円)31,179百万円 10.8%増 (前期比)経常利益(単位:百万円)31,974百万円 10.3%増 (前期比)当期純利益(単位:百万円)22,052百万円 12.9%増 (前期比)

損益の状況

(単位:百万円)

業績のポイント
提携金融機関数 738機関 新規保証実行数 71,777件 新規実行金額 1兆6,897億円 保証債務残高 10兆8,906億円 保証契約件数 679,794件 代位弁済金額 114億23百万

戻る

全国保証の強み

次へ

今後の展開


PAGE TOP
文字の大きさ:小 文字の大きさ:中 文字の大きさ:大