はじめてのお客様へ

住まいるアドバイス

  • 物件購入~入居までの流れ
  • 諸費用について
  • 返済方法について
  • 金利タイプについて

住宅ローンの金利タイプについて

住宅ローンの金利タイプは、取扱金融機関により様々ですが、一般的に「全期間固定金利型」「固定金利選択型」「変動金利型」の3つに分類することができます。

全期間固定金利型

「全期間固定金利型」の住宅ローンは、
返済期間中金利が変わらないローンです。

メリット
借入後に金利が上昇しても返済額が変わらないため、
返済プランを立てやすくなります。
デメリット
借入後に金利が低下しても金利が固定されているため、
金利低下による返済額軽減のメリットを受けることができません。
全期間固定金利型

固定金利選択型

「固定金利選択型」とは、一定の特約期間に固定金利が適用されるもので、特約期間は一般的に短期(3年・5年等)、長期(10年等)があります。
特約期間終了後は再び「固定金利選択型」か「変動金利型」のどちらかを選択することが可能となりますが、金利に関しては特約期間終了後の金利が適用されることになります。
なお、適用金利は特約期間によって異なります。

メリット
固定金利期間中の返済額を確定できます。
デメリット
低金利時に固定金利を選択した場合、
固定期間満了時に金利上昇により返済額が増加する可能性があります。
固定金利選択型

変動金利型

「変動金利型」は市場の金利変動により、
一般的に年2回の金利の見直しが実施されます。

メリット
金利が低下した場合、返済額が減少します。
デメリット
低金利の際に借入をすると将来の金利上昇とともに
返済額が増加する可能性があります。
金利が変動するため、将来の返済額が未確定となります。
変動金利型

PAGE TOP
文字の大きさ:小 文字の大きさ:中 文字の大きさ:大