はじめてのお客様へ

住まいるアドバイス

  • 物件購入~入居までの流れ
  • 諸費用について
  • 返済方法について
  • 金利タイプについて

返済方法について

元利均等返済と元金均等返済の違い

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。「元利均等返済」は毎月の元金と利息を合計した返済額が一定となり、「元金均等返済」は返済する元金のみが一定となります。
※ 金融機関によっては「元金均等返済」の利用ができない場合があります。

元利均等返済

返済額は返済期間中一定ですが、返済当初は利息の割合が大きく、徐々に元金の比率が増加していきます。

  • 毎月の返済金額(元金+利息)が一定となります。
  • 毎月の返済額が同じなので、返済計画が立てやすくなります。
  • 元金均等返済に比べ、総支払利息が多くなります。
元利均等返済図
元金均等返済

返済当初は利息が多く発生するため返済額が大きくなりますが、返済が進むにつれて、徐々に減少していきます。

  • 毎月の返済元金が一定となります。
    (利息は残りの元金に応じて変わります。)
  • 借入当初は、利息額が多いため、
    元利均等返済より返済額が大きくなります。
  • 元利均等返済に比べて、総支払利息が少なくなります。
元金均等返済図

住宅ローン返済期間中に一部繰上返済を行う場合

期間短縮型  返済期間を短縮するタイプ

毎月の返済額以外にまとまった金額を支払うことにより、残りの返済期間を短縮するタイプです。

  • 早期完済を目指す場合に適しています。
  • 返済開始当初は、返済元金よりも利息の割合が大きいので、短縮された期間分の利息額が軽減されます。
期間短縮型図
返済額軽減型  月々の返済金額を軽減するタイプ

毎月の返済額以外にまとまった金額を支払うことにより、返済期間はそのままにして、毎回の返済額を減らすタイプです。

  • 月々の住宅ローンの返済負担を減らしたい場合に適しています。
  • 総支払利息額は減少しますが、「期間短縮型」より効果は劣ります。
返済額軽減型図

PAGE TOP
文字の大きさ:小 文字の大きさ:中 文字の大きさ:大